キャッシング申込時に注意したいこと

キャッシングをしてお金を借り入れる場合には、審査が行われます、その人に収入があるか、延滞などの事故情報がないか、申込用紙に記入された勤務先に籍を置いているかなどが確認されたうえで、問題が無ければキャッシング可能となります。ただし、何ら問題がないにも関わらず、審査に通らないこともあります。これは、何が原因なのでしょうか。
実はこれは、1度に多くの金融機関に申し込んだために起こってしまう現象なのです。たとえば、キャッシングやローンを1度に5社も6社も申し込んだ場合は、間違いなく審査で落とされることになります。申込の事実は各金融機関で共有されるため、何社に申し込んだかもすべてわかるようになっています。1度にあまり多くの申込を行っていると、よほどお金に困っていると思われ、返済が難しいと判断されて、落ちてしまうのです。これを申込ブラックといいます。他に問題がないのに、申込件数が多すぎて、審査に通らないという意味です。
申込ブラックを防ぐには、やはり1度に申し込む件数を少なくすることです。キャッシングやローンを合わせて、せめて2社か3社にとどめるようにしてください。また、もし、申込ブラックで落ちた会社にもう1度申し込むには、半年ほどの間を置いて申し込むといいでしょう。半年たつと、前に申し込んだ分の情報が消えてしまうからです。収入でも信用情報でも問題がないのに落ちてしまうのは、実にもったいない話ですので、お金の借入の際には、欲張らずに少しずつ申込を行うようにしてください。